[PR]

 そのうち雨は益(ますます)深くなった。家を包んで遠い音が聴(きこ)えた。門野が出て来て、少し寒いようですな、硝子(ガラス)戸(ど)を閉めましょうかと聞いた。硝子戸を引く間、二人は顔を揃(そろ)えて庭の方を見ていた。青い木の葉が悉(ことごと)く濡(ぬ)れて、静かな湿(しめ)り気(け)が、硝子越(ごし)に代助の頭に吹き込んで来た。世の中の浮いているものは残らず大地の上に落ち付いたように見えた。代助は久しぶりでわれに返った心持がした。

 「好(い)い雨ですね」といった。

 「些(ちっ)とも好(よ)かな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも