[PR]

 彼は足の進まない方角へ散歩に出たのを悔(く)いた。もう一遍出直(でなお)して、平岡(ひらおか)の許(もと)まで行こうかと思っている所へ、森川町(もりかわちょう)から寺尾(てらお)が来た。新らしい麦藁帽(むぎわらぼう)を被(かぶ)って、閑静な薄い羽織(はおり)を着て、暑い暑いといって赤い顔を拭(ふ)いた。

 「何だって、今時分(いまじぶん)来たんだ」と代助は愛想(あいそ)もなくいい放った。彼は寺尾とは平生でも、この位な言葉で交際していたのである。

 「今時分が丁度訪問に好(い)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも