[PR]

 引っ越しの前日、三千代が1人で訪ねてきた。色白に黒髪、二重の黒いうるんだ目が印象的だが、子どもを亡くしたあと心臓病を患い、それが悪化したわけではないのに血色が悪い。帰京前につくった借金の工面のため、平岡に言われてやってきたのだった。青白い三千代を眺め、代助は「漠然たる未来の不安」を感じる。引っ越し当日は荷物の引き取りから荷ほどきまで門野を手伝いに行かせた。

こんなニュースも