[PR]

 親が育てられない子どもを匿名で預かる慈恵病院(熊本市)の赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」の1~3月の運用状況を検証する市の専門部会が28日、市役所であった。妊娠・出産に関する慈恵病院への電話相談は1324件と前年同期(397件)を大きく上回った。2014年度の相談件数は4036件で、2007年の設置以来最多となった。

 専門部会は医師や大学教授らが3カ月ごとに非公開で開き、赤ちゃんが預けられた事例に違法性がないかなどを検証。1~3月の1324件のうち、県外からの相談が6割を超える890件を占めた。

 慈恵病院へは1月に521件の相談があり、1カ月間で過去最多。増加の理由について市は「分析できていない」としているが、慈恵病院の蓮田健・産婦人科部長は「相談窓口のホームページがネットで検索しやすくなり、昨年10月にゆりかごで死体遺棄事件が起きてメディア露出が増えたからではないか」と話した。

 また、専門部会はこれまで3カ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら