[PR]

 益田市民を中心にしたチャリティーコンサート「管弦楽アンサンブルと100人の吹奏楽」(朝日新聞松江総局など後援)が10日午後2時、同市有明町の県芸術文化センター・グラントワ大ホールで開かれる。

 フルート奏者で実行委員長の稲垣節子さんが、「小規模学校の子どもたちに、大編成の中で演奏させてあげたい」と発案。毎年開催し、今回が15回目の記念公演になる。楽器から離れていた大人が演奏を再開する機会にもなっている。

 演奏するのはタイトル通り、市内をはじめ、浜田市や鹿足郡、広島市、山口県萩市などの小学校5年生から60代までの100人。中学生が多く、児童・生徒が半数を占める。

 今年1月末ごろから、日曜の昼…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら