[PR]

 東京ディズニーリゾート(TDR)に映画「アナと雪の女王」などをテーマにした三つの新エリアができることになった。オリエンタルランドが28日、2017年春以降にオープンさせると発表した。

 東京ディズニーシーに北欧をテーマにしたエリアを設け、その一部で「アナ雪」の世界を体験できるようにする。東京ディズニーランドには「ふしぎの国のアリス」と「美女と野獣」のエリアができる。三つのエリアにそれぞれ100億円以上をかけてアトラクションをつくるが、内容はまだ明らかにしていない。

 昨春からの10年間で計2500億円を投じる計画を立てており、今回の投資は、その一環だ。オリエンタルランドがこの日発表した15年3月期の純利益は前年比2・1%増の720億円。14年3月期の過去最高を更新した。昨年4月の消費増税にあわせて入園料を値上げしたが客数は落ちず、過去最高の3137万人だった。

こんなニュースも