【動画】アップルウォッチをチェック=安冨良弘撮影
[PR]

 4月24日、アップルは同社初のスマートウォッチ「Apple Watch(アップルウォッチ)」を発売しました。スマートウォッチにはすでにライバルがひしめいており、同社は後発組といえます。が、多数の予約が集中し、もっとも早く手に入るモデルも、今から注文したとしても、入荷は最短で1カ月待ちです。

 大人気のアップルウォッチですが、逆に「ほんとうにそこまで価値があるものなのか」という声があるのも、また事実。すでに発売済みの他社製品との差がわかりづらい、スマートウォッチの将来性に疑問がある、といった発想から来る言葉と言えます。

 そんな疑問に答えを出すため、筆者も製品版のアップルウォッチを、じっくり使いながら考えてみました。(ライター・西田宗千佳)

高級感あふれるハード設計、「腕時計」として高評価

 アップルウォッチには、デザインと価格の違いで「アップルウォッチ」「同Sport」「同EDITION」の3タイプがあり、盤面のサイズも38ミリと42ミリの2種類があります。さらにバンドのデザインバリエーションも含めれば、全38モデルにもなります。しかし、どれもスマートウォッチとしての機能・性能に、まったく違いはありません。デザインだけが違い、そこにコストをかける作りなのです。

 今回使ったのは、スタンダードな「アップルウォッチ」の38ミリサイズで、バンドには「ミラネーゼループ」というものを使った製品です(写真1)。ミラネーゼループとは、極細のステンレススチールの線を編み上げたバンドで、マグネットで留めるようになっています。金属なのにしなやかで、腕に触れる感覚もとても優しく、見た目も優美です。理由はまた後で述べますが、アップルウォッチは、一般的な腕時計よりタイトめにつけた方がよいらしいのですが、ミラネーゼループの場合、タイトに締めても違和感はありません。

 このセットからは、正直、デジタルガジェットとしては、いままでにない高級感を感じます。実際、価格も一般的なスマートウォッチよりかなり高価です。今回使ったセットで7万7800円(税別)。これはミラネーゼループが高価である、ということもありますが、アップルウォッチの中で安価な「Sport」ですら、4万2800円(税別)。他のスマートウォッチの中心価格帯が2万円台であることを思うと、倍近くします。

 ただ、モノに触れるとそれも当然だな、とは思います。他のスマートウォッチは、デジタルガジェットとして一般的な価格に抑えるため、外装にあまりコストをかけていません。結果、どうしても、同価格の「普通の腕時計」と比べても安っぽいものになってしまいます。一方でアップルウォッチは、四角い盤面について好みは分かれるでしょうが、同価格帯の腕時計と比べても、決して見劣りしないクオリティーになっています。「個性の演出としての腕時計で、仕上げに妥協しない」という強い意志が感じられます。詳しくはまた説明しますが、「腕時計」というものに対する強い畏敬(いけい)の念と徹底した分析については、製品の端々から感じる部分でもあります。それがゆえに、価格面でのハードルが上がってしまっていることは否めません。しかし、箱をあけて手にした時の高揚感は、一般的なデジタルガジェットと違うものがあります。正直、他のアップル製品も、そんな「ドキドキ」の部分では負けています。箱についても、今回使ったスタンダードモデルは真四角の、Sportモデルはカジュアルで長細く、EDITIONは高級感のある充電機能を備えたもの……といったように、モデルごとに変えています。その辺も、デジタルガジェット的ではありません。個人的には、最低価格でも100万円を超えるEDITIONはやり過ぎでは……と思いますが、「デジタルガジェットの扱いを変える」象徴的な存在だと思えば、そういうものかも知れません。

正体はスマホの周辺機器、凝視せず「チラ見」が吉

 iPhoneやiPadと、アップルウォッチの最大の違いは、単体ではあまりできることがなく、iPhoneとセットで使う必要がある、という点です。アプリのインストールにも情報の表示も、iPhoneと連携して行います。これは他のスマートウォッチも同様ですが、ブルートゥースのヘッドセットなどと同じく「スマホの周辺機器」であり、単体でたくさんの機能をもったものではありません。「スマートウォッチはポストスマホだ」という言説がありますが、そもそも競合はしないわけです。また現状、アップルウォッチは「iPhone専用」です。iPadにも対応しません。そのため、購入してまず最初にやることは、iPhoneとの「ペアリング」です。ここは、iPhone付属のアプリ(画像2)がやってくれます。アップルウォッチとの連携機能は最新の「iOS8.3」から導入されたため、iPhoneのOSは最新バージョンにしておく必要があります。

 アップルウォッチの画面は、i…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース