【動画】たま駅長16歳祝う 招き猫ぶり健在=瀧澤文那撮影
[PR]

 和歌山電鉄の社長代理でウルトラ駅長の猫「たま」が29日、16歳の誕生日を迎え、和歌山県紀の川市の貴志駅でお祝いの式典が開かれた。人間だと80歳の「傘寿」にあたる高齢だが、人気は衰えず、国内外から約300人のファンが詰めかけた。“招き猫”ぶりはまだまだ健在だ。

 式典で同社の小嶋光信社長は、「たまちゃんのおかげで、貴志川線は国内だけでなく世界にまで知られるようになった」と感謝。「猫年齢で20歳、人の年齢で100歳まで生きると思う」とあいさつした。

 たま駅長は、長寿の象徴で同市特産の桃の木を市から贈られ、早速、小嶋社長らの手を借りて植樹した。また、部下のスーパー駅長「ニタマ」らからは、ジャガイモなどで作ったケーキをプレゼントされた。

 花粉症気味のたま駅長は、鼻炎…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら