[PR]

 走る列車がプロレス会場に――。フラワー長井線(山形鉄道)が7月4日、観客とプロレスラーを乗せた臨時列車を走らせる。「車両を壊さない」を最低限のルールに、のどかなローカル線で前代未聞の男女混合バトルロイヤルが繰り広げられそうだ。

 企画したのは、「長井市地域おこし協力隊」として長井商工会議所で働く渋谷達郎さんら有志。地元のにぎわいにつなげたいと、山形鉄道に提案した。ただ、公共交通としてはあまりにユニークな企画のため、国土交通省にも可否を確認。長井市中心部で開かれるお祭り「長井おどり大パレード」の開催日に、「ローカル線プロレス」として実現にこぎつけた。

 選手を派遣してもらう団体として、東北を拠点に活動する「みちのくプロレス」(岩手県滝沢市、ザ・グレート・サスケ社長)に白羽の矢が立った。しかし、みちプロにはリング外での試合経験がない。そこで、過去にキャンプ場や書店、商店街、工場などでの試合経験がある団体「DDT」社長の高木三四郎選手を招き、ノウハウの提供を受けながら複数選手が参加することに決まった。DDT側も、「以前から山手線でやりたいという目標があったが、フラワー長井線なら実現できそう」と快諾したという。

 参戦するのはサスケ選手や高木選手、みちプロの気仙沼二郎選手などのほか、南陽市出身の女子プロレスラー・井上京子選手など8人前後。最後までフォールやギブアップを奪われなかった一人が勝者となる、男女混合のバトルロイヤル形式だ。

 臨時列車は、当日午前11時50分に観客とリングアナを乗せて赤湯駅を出発。リングアナによる前説が終わる頃に隣の南陽市役所駅から選手が乗り込み、試合が始まる。終着の長井駅までの約25分が試合時間。「車両や備品を壊さない」「乗客にけがをさせない」「列車を止めない」さえ守れば何でもありのルールだ。「凶器」になる小道具を仕込んでくる選手もいるという。

 観客は50人限定。乗車券を兼ねるチケットは今月上旬に発売される。問い合わせは事務局の同商議所(0238・84・5394)まで。(北林慎也)

こんなニュースも