[PR]

 JR石巻線の「マンガッタンライナー」が31日、ラストランを終えた。登米市出身の故石ノ森章太郎さんの作品キャラクターが描かれた列車は2年前の春に走り始め、被災者らを力づけた。バトンは、4年2カ月ぶりに全線再開し、石巻に戻ってきた仙石線に託す。

 震災後、初めて仙石線のマンガッタンライナーを迎えた翌日の石巻駅。鮮やかな赤や青の車体に、サイボーグ009などのキャラクターがあしらわれた列車が滑り込んだ。ホームでは駅員が手を振って出迎え、多くの人がカメラやスマートフォンで撮影した。

 石巻線のマンガッタンライナーの最終運行になったこの日の特別列車には、JR仙台駅から約90人が乗り込んだ。企画ツアーのチケットは、発売開始から3日で完売する人気だった。大崎市から家族4人で参加した女性会社員(38)は「震災後、沈みがちだったが、この車両を見て勇気づけられた。子どもたちも元気になった」と別れを惜しんだ。

 マンガッタンライナーは03年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら