[PR]

 テニスの全仏オープン第8日は31日、パリのローランギャロスで男子シングルス4回戦があり、第5シードの錦織圭が世界ランキング74位のテイムラズ・ガバシビリ(ロシア)を6―3、6―4、6―2で下し、自身初の8強進出を決めた。全仏男子シングルスの日本勢8強は、1933年に準決勝進出した佐藤次郎以来、82年ぶり。

こんなニュースも