[PR]

 ケリー米国務長官(71)が31日朝(日本時間同日夕)、フランス東部を自転車で走行中にけがをし、病院に搬送された。スイス・ジュネーブの米国代表部が国務省報道官の声明として同日発表した。右大腿(だいだい)骨骨折の重傷だが、意識はあるという。AFP通信は、国務省関係者の話として「縁石にぶつかった後に転倒した」と伝えた。ケリー氏はイランの核問題について同国と協議するため、29日からジュネーブを訪れていた。

 発表によると、ケリー氏がけがをしたのは、ジュネーブの南東約40キロの仏東部シオンジエ付近。現場で救急措置を受け、ヘリでジュネーブ大学病院に搬送された。外遊を中断して米ボストンに戻り、マサチューセッツ総合病院の主治医の診断を受けるという。

 ケリー氏は「自転車好き」「散歩好き」で知られる。今年3月から4月初めにイラン核協議でスイス・ローザンヌに滞在した際にも、競技用自転車で周囲を走ったり、突如散歩に出て五輪博物館を訪れたりする様子が目撃されている。(ジュネーブ=松尾一郎)

こんなニュースも