[PR]

山口那津男・公明党代表

 今の憲法は悪いものだから変えろという主張もあります。しかし公明党の考え方は、基本的には今の憲法はいい憲法だから、さらにいい物を加えていこう、そういう「加憲」の考え方に立っているわけであります。

 これからも加憲の内容についてさらに議論を深めて参りたい。いずれにしても、憲法改正そのものが目的ではありません。中身が大事であります。従って、改正の期限ありきでもありません。国民の皆さんとともに議論し、考え方を共有することによって初めて、自らの憲法としての改正が実現できることになると思います。(東京都新宿区の街頭演説で)

関連ニュース