[PR]

 道北や道東の沿岸に回遊するゴマフアザラシ。最近は、年間を通じて北海道沿岸から離れない個体が目立つようになり、漁業被害が増えている。道は今年度から被害を減らすための対策に乗り出し、道北の日本海側沿岸の個体数を2年間で半減させる計画だ。

 「タコを食い荒らされ、アザラシが上陸する岩場ではフノリが汚物で売り物にならなくなる」。礼文島の船泊漁協の担当者は頭を抱える。

 漁協によると、礼文島沿岸では約1千頭のゴマフアザラシが来遊しているという。タコの食害やフノリへの影響など昨年度の漁業被害額は、推計で2億円近くにのぼる。漁協では毎年、春先に道の許可を得て100頭近い個体を有害駆除しているが、「焼け石に水の状態」(漁協担当者)だ。担当者は「アザラシはもともと夏にはいなかった。夏だけでもいない方がいい」と話す。

 ゴマフアザラシは、流氷ととも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら