[PR]

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級タイトル戦12回戦は1日、東京・大田区総合体育館であり、王者の三浦隆司(30)=帝拳=が、同級6位のビリー・ディブ(29)=豪州=に3回TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。

 ロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBCミドル級7位の村田諒太(29)=帝拳=は、ノンタイトル10回戦で世界ボクシング機構(WBO)同級15位のブラジル人選手に5回38秒でTKO勝ちした。

 昨年末にWBCライトフライ級王座決定戦で敗れた元世界2階級王者、八重樫東(32)=大橋=はスーパーフライ級ノンタイトル8回戦で、タイ人選手に2回2分5秒でTKO勝ち。再起戦を飾った。

こんなニュースも