[PR]

 インドネシアを訪問中の自民党の二階俊博総務会長は4日夕(日本時間4日夜)、ジャカルタで同国のジョコ大統領と会談した。両氏は、津波災害などへの対策で連携を深めることや、二階氏が提唱している、11月5日を「世界津波防災の日」とするために協力していくことで一致した。

 二階氏によると、会談では、ジョコ大統領が日本人の観光ビザを5月か6月に免除することを明らかにした。二階氏は、日本で進めている国土強靱(きょうじん)化を東南アジアでも広め、防災対策で連携していくことを訴え、ジョコ氏も賛意を示した。

 また、二階氏は同日、同国のカラ副大統領とも会談し、「インドネシアも大きな津波の被害の経験をしている。ネパールをみれば分かるが、一国で災害を防止することは出来ない。地球規模で自然防災にチャレンジしていく」と語った。(ジャカルタ=明楽麻子)

こんなニュースも