[PR]

 「こどもの日」の5日、送風機で膨らませたジャンボこいのぼりの中を通り抜ける恒例のイベントが、大分県玖珠町の河川敷で開かれた。

 イベントは、同町出身の童話作家、久留島武彦にちなんだ「日本童話祭」の一環。親子連れを中心に約4万人(主催者発表)が訪れた。

 こいのぼりの全長は60メートル、胴回りは24メートル。子どもたちが巨大な口から入り、尾っぽから次々と出てくる様子は、童話の世界のようだった。