[PR]

 1千匹以上のニホンザルが生息する高崎山自然動物園(大分市)で生まれたメスの赤ちゃんザルに、英王室の王女にちなむ「シャーロット」と名付けたところ、抗議が殺到して同園がおわびする騒動になっている。

 同園は例年、4~5月ごろに生まれる赤ちゃんザルの名前を春先に募集し、票数の多い名前をつけている。今年は3月27日から公募。テニスの錦織圭選手にちなんだ「ケイ」、フィギュアスケートの羽生結弦選手から「ユヅル」などが寄せられていたという。

 英王室のウィリアム王子とキャサリン妃の間に誕生した王女が4日、「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」と命名されると、5日に集まった応募200通のうち59通が「シャーロット」に。赤ちゃんザルは6日に生まれているのが見つかり、この時点で「シャーロット」が最多だったため、名前に決めた。

 しかし、6日昼ごろに命名を発表すると、同日夜までに100件以上の電話やメールが殺到。多くは「王室の方の名前をサルにつけるのは失礼ではないか」という趣旨だったという。このため、同園は同日夜に「皆様に混乱と多大なる迷惑をおかけした」と、異例のおわび文書を発表。赤ちゃんザルの名前の撤回も含めて検討に入った。

 同園は1984年から、毎年最初に生まれた赤ちゃんを世相や流行にちなみ命名。Jリーグが始まった93年は「カズ」、東日本大震災が起きた2011年は「キズナ」だった。13年から公募し、票数の多い名前をつけている。(鈴木春香)