【動画】7日、勢いよく水蒸気を上げる神奈川県箱根町の大涌谷=朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
[PR]

 火山性地震が続いていた神奈川県の箱根山(1438メートル)について、気象庁は6日、火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベル1(平常)から、火口周辺への立ち入りを規制するレベル2に引き上げた。7日も火山性地震を観測。同庁は、今後、火口付近の大涌谷(おおわくだに)で小規模な噴火が発生する恐れがあるとして警戒を呼びかけている。日本有数の温泉地だけに、地元観光業界への影響も心配される。

 箱根山では噴火警戒レベルが導入された2009年3月の後、レベル2に引き上げられるのは初めて。気象庁によると、4月26日以降、箱根山では大涌谷周辺を震源とする火山性地震が増え始め、わずかな地殻変動も確認された。5日はこれまでで1日の回数としては最多となる116回を観測し、箱根町湯本では体に感じる震度1の揺れも3回あった。

 このうち5日夜の地震は、震源の深さが約5キロとそれまでの2回よりも深い場所で起きたことから、気象庁は「ステージが変わった」と判断。地下の深いところで火山性ガスなどの活動が活発化し、地表に近いところの地下水が熱せられて不安定になることで、水蒸気噴火の可能性が高まったとしている。

 火山性地震は6日は14回、7日には10回(正午まで)あり、地殻変動も引き続き観測されている。同庁は、過去の群発地震の発生状況などから、活発な火山活動は少なくとも数カ月は続くとしている。6日に記者会見した同庁の北川貞之火山課長は「大きな噴火が発生するとは考えていない。周辺の温泉施設への影響はない」と説明した。

 箱根山では地質調査の結果、12世紀後半~13世紀に大涌谷付近で噴火が起きた後、噴火は確認されていない。最近は01年6月から約4カ月間、800回を超える群発地震が発生。箱根山を中心に地殻変動が起こり、大涌谷で水蒸気の噴出の勢いが増すなどした。

 噴火警戒レベルは5段階あり、レベル2は箱根山や三宅島(東京都)、阿蘇山(熊本県)など7山。入山を規制するレベル3は、昨年9月に噴火した御嶽山(おんたけさん、長野・岐阜県)、桜島(鹿児島県)、口永良部島(同)の3山となっている。(鈴木逸弘)

大涌谷は立ち入り禁止、土産店は閉鎖

 大型連休中に発表された火口周辺警報は地元観光業を直撃した。

 神奈川県箱根町は6日午前6時過ぎ、想定火口域からの避難指示を防災無線で伝えた。火口域は半径約300メートル。住宅や宿泊施設はないが、大涌谷は立ち入り禁止となり、周囲の遊歩道や観光施設、おみやげ店も閉鎖された。大涌谷周辺を通る箱根ロープウェイは全線が運休となったほか、大涌谷につながる県道734号は大涌谷三叉路(さんさろ)からの約1キロが通行止めとなった。

 7日午前9時、大涌谷へ続く県道が、温泉設備の保守点検などのため一時解除となり、業者らが車で次々と大涌谷へと向かった。ヘルメットやガス検知器の携行が義務づけられた。

 6日に閉鎖された大涌谷の箱根ジオミュージアムは、5日までは多くの観光客でにぎわっていた。6日午後、普段は大勢の観光客でにぎわう箱根ロープウェイの早雲山駅には、ほとんど人の姿がなかった。タイから観光に訪れたワランラ・ダウトンプラストゥさん(50)は、駅で初めて運休を知った。大涌谷で名物の「黒たまご」を食べることが、旅行の楽しみだったといい、「ここまで来たのにがっかり」。

 箱根には大涌谷のほか、箱根湯本温泉や芦ノ湖、仙石原など観光名所が集まる。6日、会見を開いた山口昇士町長は「(大型連休中の警報は)観光にとって厳しい火山活動」と苦渋の表情。箱根観光全体への影響を心配し、「大涌谷周辺に限られた噴火警報です」と呼びかけた。(村野英一、永田大)