[PR]

 埼玉県越谷市東大沢の主婦伊川玲子さん(75)が、米国コロラド州で4月に開かれたベンチプレスの世界マスターズ選手権の57キロ級に出場し、見事優勝した。初の海外遠征での快挙。「80や90になっても続けたい」と熟年パワーは全開だ。

 ベンチプレスはベンチ台にあおむけになり両腕でバーベルを持ち上げる競技。伊川さんが優勝したのは女子70歳代の部で、記録は62・5キロ。強敵の米国選手を破って金メダルに輝いた。

 競技を始めたのは10年前。健康のために通っていた市民プールのトレーニング室でランニングをしていた際、トレーナーに声をかけられたのがきっかけ。

 最初は30キロを持ち上げるのがやっとだったが、「根っからの負けず嫌い」と練習を重ね、4年後には50キロをクリア。最近は練習で65キロを持ち上げ、県内外の大会で優勝を重ねている。

 トレーナーによると、一般の70歳代の女性では、重りを支える20キロのバーを持ち上げることができるだけでも珍しいという。

 怪力自慢だが、伊川さんによると、重いバーベルを上げるのには腕力のほか背筋や脚力、それに集中力も必要という。全身運動の効果か、競技を始めてから、病気とは無縁の毎日だ。

 世界マスターズ選手権には、同…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら