[PR]

 8日の東京株式市場は、米国株が反発した流れを受け、買いが先行している。午後1時の日経平均株価は、前日の終値より113円97銭高い1万9405円96銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、12・93ポイント高い1587・57。

 午前の終値は、日経平均が前日の終値より58円95銭(0・31%)高い1万9350円94銭。TOPIXは、7・45ポイント(0・47%)高い1582・09。出来高は11億8千万株。

 米国株が3日ぶりに値上がりし、「世界的な長期金利の上昇もやや落ち着いている」(大手証券)ことが好材料となっている。ただ、8日夜(日本時間)の米雇用統計の発表を前に、積極的な取引を控える動きも出ている。

こんなニュースも