[PR]

 代助は平岡の言語の如何(いかん)にかかわらず、自分のいう事だけはいおうと極(き)めた。なまじい、借金の催促に来たんじゃないなどと弁明すると、また平岡がその裏を行くのが癪(しゃく)だから、向うの疳違(かんちがい)は、疳違で構わないとして置いて、こっちはこっちの歩(ほ)を進める態度に出た。けれども第一に困ったのは、平岡の勝手元(かってもと)の都合を、三千代の訴えによって知ったと切り出しては、三千代に迷惑が掛(かか)るかも知れない。といって、問題が其所(そこ)に触れなければ、忠告も助言も全く無益である。代助は仕方なしに迂回(うかい)した。

 「君は近来こういう所へ大分頻繁(ひんぱん)に出はいりをすると見えて、家(うち)のものとは、みんな御馴染(おなじみ)だね」

 「君のように金回りが好くない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも