[PR]

 この言葉を聞いたとき、代助は平岡が悪(にく)くなった。あからさまに自分の腹の中をいうと、そんなに家庭が嫌(きらい)なら、嫌でよし、その代り細君を奪(と)っちまうぞと判然(はっきり)知らせたかった。けれども二人の問答は、其所(そこ)まで行くには、まだなかなか間(あいだ)があった。代助はもう一遍外(ほか)の方面から平岡の内部に触れて見た。

 「君が東京へ来たてに、僕は君から説教されたね。何か遣れって」

 「うん。そうして君の消極な哲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも