[PR]

 北朝鮮は9日午後4時25分ごろから午後5時23分ごろにかけて、東部の元山(ウォンサン)付近の日本海の海上から北東に向けて、艦対艦ミサイル3発を発射した。韓国軍はさらなる挑発に備えて態勢を強化している。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。

 韓国軍合同参謀本部によると、今回発射されたのは2月6日に金正恩(キムジョンウン)第1書記の立ち会いのもとで発射された新型ミサイルと同種で、攻撃力の向上を誇示する狙いもあるとみられるという。(ソウル=東岡徹

こんなニュースも