[PR]

 宇都宮市の小学生が「最も友達に薦めたい本」を選ぶ「うつのみやこども賞」の表彰式が10日、市立中央図書館であった。2014年度の受賞作「ロード キャンピングカーは北へ」の著者で元小学校教諭の山口理(さとし)さん(62)=千葉県在住=が来県し、式後には記念講演を行った。

 受賞作は、会社を解雇された父親とその家族が旅を通じて絆を深めていく物語。山口さんは自らキャンピングカーで国内各地を旅し続けた経験をユーモアを交えて語り、旅の楽しさや、夢を持ち続けることの大切さを話した。

 「こども賞」は、公募で選ばれた20人前後の小学5、6年生が選定委員となって年40冊の児童書を読み、選定会議を重ねて最優秀作を決めるもの。全国でも珍しい制度として1984年から続く。

 選定委員の一人、松原陽奈(は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら