[PR]

 四国アイランドリーグplusは、選抜チームによる北米遠征を実施すると11日に発表した。6月12日から、現地の独立リーグ「CAN―AMリーグ」に所属する6球団と17戦する。

 高松市内で開かれた記者会見で、鍵山誠CEOは「選手たちの成長が一番の目的。野球の本場で実力を伸ばしてほしい」と話した。

 選抜チームの監督は、徳島インディゴソックスの中島輝士監督が務める。選手はアイランドリーグ4チームから29人を選ぶ。11日までに各チーム1人の代表選手を選出した。記者会見で香川オリーブガイナーズから選ばれた竹田隼人選手は「全勝して帰ってきたい」と意気込みを語った。残る25人は29日に発表する予定。