[PR]

 北朝鮮から大量のマツタケを不正に輸入したとして、京都府警と神奈川、山口両県警などの合同捜査本部は12日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)トップの許宗萬(ホジョンマン)議長の次男で食品商社「朝鮮特産物販売」(東京都台東区)社員、許政道(ホジョンド)容疑者(50)=東京都足立区=ら3人を外国為替・外国貿易法違反(無承認輸入)容疑で逮捕し、発表した。許容疑者は「不当逮捕なので一切協力しない」と否認しているという。

 府警は昨年5月に同社などを捜索し、北朝鮮本国の意向や許議長の関与をうかがわせる書類を押収したとして今年3月、許議長宅を関連先として捜索していた。朝鮮総連側の組織的な関与がないか、さらに慎重に捜査を進める方針。

 ほかに逮捕されたのは同社社長の金勇作容疑者(70)=東京都八王子市▽元社員の山中和秀容疑者(63)=埼玉県草加市。いずれも否認しているという。

 府警によると、3人は食品商社「東方」(東京都台東区)社長の李東徹被告(61)=同罪などで起訴=らと共謀。2010年9月27日、政府が経済制裁で輸入を禁じている北朝鮮産マツタケ1・8トンを「中国産」と偽り、関西空港経由で輸入した疑いがある。

 朝鮮特産物販売は朝鮮総連の関連企業。1969年に設立され、マツタケなどの食品を輸入してきた。取扱量が国内最多だった時期もあるという。しかし、日本政府は06年、核実験などを理由に北朝鮮からの輸入を全面的に禁じた。3月の捜索後、許議長は「朝鮮総連に対する政治弾圧だ」と反発していた。