[PR]

 米国防総省は11日午後(日本時間12日午前)、米空軍の新型輸送機オスプレイCV22を10機、横田基地(東京都福生市など)に配備すると発表した。2017年後半に3機配備し、残り7機は21年までに配備を完了する計画だという。中谷元・防衛相は12日の閣議後会見で「通常の飛行訓練に加えて、低空飛行、夜間飛行(訓練)は実施する」と述べた。

 米国政府が日本政府に「接受国通報」と呼ばれる正式通告をした。

 米軍のオスプレイは現在、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に24機配備されているが、日本本土への配備は初となる。普天間のオスプレイは米海兵隊仕様のMV22。これに加えて、横田に10機を配備することになる。空軍仕様のCV22は特殊作戦部隊が使用する。

 米国防総省は声明で「オスプレイの配備により、米軍の特殊部隊の能力が向上し、人道支援や災害救難を含め、日本やアジア太平洋地域での危機や不測の事態に迅速に対応できるようになる」と強調した。

 また、CV22配備をオバマ政権が進めるアジア重視政策の一環と位置づけ、声明でも「日本を防衛することへの米国の揺るがぬ関与に反映され、『アジア太平洋リバランス(再均衡)』の一部として、もっとも高度な前方展開能力を配置することになる」とした。

 オスプレイは開発段階などで事故が相次ぎ、沖縄では配備に反対する声がいまも強い。CV22も、12年には米フロリダ州で墜落事故を起こしている。

 中谷氏はCV22の低空飛行訓練などについて「地域住民に十分配慮し、最大限の安全対策がとられることを日米間で合意している。地上から150メートル以上で飛行することとされており、運用の安全性は十分に確保されている」と述べた。

 また「首都圏にあることは我が国の安全保障に資すると同時に、首都圏直下型の地震など大規模災害にも対応でき、それなりの意義がある」と語った。(佐藤武嗣=ワシントン、三輪さち子)