[PR]

 前回、ジャニーズのアーティストの皆さんがレギュラーで出演しているテレビ番組にも“ジャニ担”がいる……という話を書きました。

 放送作家でもある私も、これまでに何本か、テレビ番組でジャニーズの皆さんとお仕事をさせていただいています。

 いちばん最初は、SMAPの稲垣吾郎さんが出演していた「WIN」(日本テレビ系)。私が吾郎ちゃんファンになったきっかけでもある番組です。

 TOKIOの山口達也くんとは「おネエMANS」や「魔女たちの22時」(同)でお世話になっていました。「おネエMANS」は番組そのものの企画を私が考えたこともあり、とても思い入れが強い番組として想(おも)い出に残っています。

 Kis-My-Ft2のメンバーが準レギュラーだった「ジェネレーション天国」(フジテレビ系)は、自分が出演したことがきっかけになって作家で入ることになった番組。そして、今年3月で終了した「超潜入!リアルスコープハイパー」(同)では、Sexy Zoneの皆さんにお世話になっていました。

 ジャニーズのアーティストさんが出演する番組は、いわゆる冠番組の他に、レギュラー陣の中にジャニーズの方が1~3人、出演するという2種類があります。

 私がこれまで担当してきたのは後者ばかりで、その中には、初めからジャニーズのアーティストさんの出演が決まっているケースと、あとから決まるケース。さらには、件(くだん)の「~リアルスコープ」のように、途中から出演するというケースがあります。

 私がレギュラー化される前の特番から関わっていた「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)に嵐の相葉雅紀くんが出演することになったのは、同番組のレギュラー化が決まり、日本テレビ内から「嵐のメンバーが入るらしい」と聞き、結果、決まった経緯は我々現場には報されなかったけれど、相葉ちゃんが入ることに決まったというケース。いまのように嵐は国民的大スターではなく、相葉ちゃんのポジションやキャラクターも、定着はしていなかったような頃のことでした。

 番組は、志村けんさんに「園長」、山瀬まみちゃんに「秘書」という役割が与えられ、当初、相葉ちゃんは、おさるさん、坂下千里子ちゃん、MEGUMIちゃんら他のレギュラー陣と同じく、「パネラー」として、下手(しもて)のヒナ壇に座っていたのです。ちなみに、第1回のゲストは研ナオコさんと松岡修造さん。研さんは志村園長の“リクエスト”でした。共演が多い研さんがスタジオにいることが志村さんの安心材料だったのです。そのことでもわかるように、相葉ちゃんはまだ、志村園長にとっても、私たち番組スタッフにとっても“未知数”な存在でした。

 ヒナ壇の相葉ちゃんは、当初ほとんど喋(しゃべ)ってくれませんでした。芸能界の大御所である志村けんさんや、アイドルの大先輩で司会の名手、山瀬まみちゃん、さらには、バラエティー慣れしているおさるさんや千里ちゃん、MEGUMIちゃんを前に、トークで入り込む隙がなかったのだと思います。

 ある会議の日、「相葉ちゃんが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら