【動画】13年ぶりに生まれたヒョウの赤ちゃんと母親のルナ=福岡市動物園提供
[PR]

 福岡市動物園(福岡市中央区)で、ヒョウの赤ちゃんが生まれた。同園でのヒョウの誕生は2002年以来13年ぶり。父親「サン」(5歳)と母親「ルナ」(6歳)にとっては初めての赤ちゃんになる。

 園によると、4月24日未明に生まれた。全長約50センチ、体重約500グラム。性別はわかっていない。非公開の獣舎内で母子のみで過ごしており、早ければ離乳にあわせ、8月に公開する予定だという。

 園では、ニホンザルの赤ちゃんも4月に2頭、5月に1頭生まれた。(城真弓)