[PR]

 世界保健機関(WHO)は13日、イタリアで初のエボラ出血熱の陽性患者が確認された、と発表した。

 発表によると、患者は、エボラ出血熱の大流行が続く西アフリカのシエラレオネでボランティアをした後、7日にローマに帰国した医療従事者。直後には症状が出ていなかったが、10日になって症状が出始めた。11日に病院に搬送され、検査の結果、12日に感染が確認された。(松尾一郎)

こんなニュースも