[PR]

 社員権を売買すると持ちかけて現金をだまし取ろうとしたとして、愛知県警常滑署と捜査2課は、住所不詳、自称飲食店員の飛田悠介容疑者(22)を詐欺未遂容疑で緊急逮捕し、14日に発表した。飛田容疑者は容疑に関し、「弁護士が来るまで言いたくない」と話しているという。

 県警によると、飛田容疑者は3月上旬、愛知県常滑市の女性(77)宅に「株式会社ネクストサイエンスラボ」の社員権の申込書を郵送し、今月12~13日、「1千万円で買ってくれれば、3千万円で買い取る」などと電話をかけ、現金1千万円をだまし取ろうとした疑いがある。

 不審に思った女性から警察が相談を受け、女性宅に現金を取りに現れた飛田容疑者を逮捕したという。