[PR]

 森永乳業の2015年3月期は、営業利益が前年より43・2%減の68億円だった。牛の飼料価格が高騰し、乳価も値上がりしたのが響いた。乳製品部門ではチーズ販売が好調だったが、粉ミルク「森永はぐくみ」の販売が伸び悩んだ。三浦幸男専務は「赤ちゃん向けのミルクはアジア方面への輸出が好調だが、国内は少子化の影響で売り上げが減っている」。人口増加の見込めるアジア新興国市場の開拓を強化する考えだ。

こんなニュースも