[PR]

 鳥取砂丘の夜空に今秋から年明けにかけて、高さ7千メートルに達する光のタワーが映し出される。砂の美術館周辺で計画されている催し「鳥取砂丘光のアートフェア2015」の目玉企画だ。主催する鳥取市の深沢義彦市長が15日の定例会見で明らかにした。

 この催しは初めての企画で、10月31日から年明けの1月3日まで。光のタワーは「星空のツリー」と呼び、砂の美術館展望広場に設置する出力7キロワットの大型投光器19基で描く。時間は午後5~9時の予定。

 電球70万個による光のトンネル「星空の回廊」、ドイツのクリスマスをイメージしたフードコートも考えているという。観光客を呼び込むのがねらい。深沢市長は「今までにない取り組みで興味を持ってもらえると思う」と期待を寄せた。(阿部健祐)