[PR]

 「ドラえもん」の声で知られる俳優・声優の大山のぶ代さん(81)が認知症であるとラジオ番組で公表した夫で俳優の砂川啓介さん(78)が15日、東京都内で記者会見した。大山さんの近況について「完全に彼女は子どもになっている。やんちゃな幼い娘ができたという感じがします」と打ち明け、「いとおしさのようなものを感じる」と妻への思いを語った。

 砂川さんによると、大山さんは会話が難しく、外出もほとんどしないという。「お風呂にも入りたがらない」(砂川さん)。テレビでドラえもんを見ることもある。だが声優として演じた記憶が残っているのかどうか、よくわからないという。

 砂川さんとマネジャー、家政婦が身の回りの世話をしている。介護保険の通所サービスなどは利用していないという。砂川さんは「ギリギリになったら頼もうかと思うが、あまりしたくない」「僕ができる範囲まではなんとか」と胸の内を語った。

 砂川さんや関係者によると、大山さんがアルツハイマー型の認知症と診断されたのは2012年末ごろ。直前に言ったことを忘れたり、感情の起伏が激しかったりする症状に砂川さんも気づいていた。だが当初は2008年に患った脳梗塞(こうそく)の後遺症だと思っていたという。

 「彼女のイメージを壊したくない」「あまり人に見せたくない」

 そう思って、これまで公表せずにきた。ただ砂川さん自身も胃がんの手術を受け、妻の暮らしを支える負担は決して軽くない。「聞かれたときにうそをつかなくてはいけないし、隠しているのがつらくなってきた」

 悩んでいるとき、長年の友人である毒蝮三太夫さん(79)から、一人で抱え込んでいたら砂川さんが先に参ってしまう、とアドバイスを受け、公表を決意したという。

 ときおり笑顔をみせたり、歌を聴いて涙をこぼしたり。大山さんは最近、少し元気な様子だという。

     ◇

 大山のぶ代さんの年齢について、15日の記者会見で夫の砂川さん側から訂正がありました。これまでプロフィールでは1936年生まれとされていましたが、実際には1933年生まれでした。(長谷川陽子)

     ◇

 認知症と診断された妻大山のぶ代さんについて記者会見で語った夫で俳優の砂川啓介さん。主なやりとりは次のとおり。

 ――認知症に気づいたときは

 僕自身が信じたくないというか、そんなことないだろうという感覚がものすごく強かった。脳梗塞(こうそく)の後遺症と認知症がわりあい似ているので、後遺症がよくなってないという風にしか思わなかった。よっぽど親しい人はわかるだろうから、それ以外にはしゃべりたくなかったし公表したくなかった。彼女のイメージを壊したくなかった。

 ――ラジオで公表した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら