[PR]

 木曽町の木曽文化公園文化ホールで17日、「集まれ吹奏楽仲間! 木曽路吹奏楽祭」と題した演奏会が開かれた。土砂災害や噴火災害が昨年続いた木曽地域に音楽で元気を届けようと、県吹奏楽連盟と木曽郡中学校吹奏楽連盟が主催。県内の中学生らの演奏を約300人が楽しんだ。

 趣旨に賛同して出演したのは木曽郡の6中学校、伊那市立東部中、松本市立女鳥羽中の計8校の吹奏楽部と松本市の吹奏楽団「幻」で、総勢約200人。

 トップバッターの伊那市立東部中は「木曽の皆さんに少しでも笑顔になってもらえたらという思いで参加しました」とあいさつし、マーチやポップスを元気よく演奏。福島中や南木曽中など木曽郡6校の吹奏楽部員でつくるバンドは「アメリカンパトロール」と「パイレーツ・オブ・カリビアン」を披露した。演奏ごとに大きな拍手と歓声が沸き、最後は「故郷(ふるさと)」の全体演奏で締めくくった。

 会場に足を運んだ木曽町の松原…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら