[PR]

 事故を起こしたオスプレイMV22は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備され、米軍岩国基地(山口県岩国市)などにも飛来している。防衛省は米側から購入し、佐賀空港(佐賀市)に配備する計画だ。

 沖縄では17日、普天間飛行場の名護市辺野古への移転に反対する県民大会があったばかり。大会であいさつし、辺野古のテント村で座り込みを続ける「ヘリ基地反対協議会」の安次富(あしとみ)浩共同代表は「沖縄が危険にさらされていることが、あらためて明らかになった。政府は国内の飛行を即刻止めるべきだ」と話した。

 普天間飛行場に近い宜野湾市上大謝名区の大城ちえ子自治会長は「沖縄に新しい基地をつくる辺野古移設は反対だが、普天間を固定化してもらっては困る。沖縄で事故が起きないうちに早急に政府に動いてほしい」。米軍キャンプ・ハンセンがあり、オスプレイが飛来する沖縄県宜野座村の山内昌慶村議は「墜落だけでなく部品落下も相次いでいる。不安だ」と語った。

 佐賀市の秀島敏行市長は「詳細…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら