写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 黒田博樹投手の広島カープ復帰とともに、使われる頻度がぐっと増したことば、男気。男女をめぐる意識が変わりつつあるいま、改めて考えてみよう。オトコギって、なんだ?

弱いから陶酔し憧れる ミッツ・マングローブさん(女装家)

 男気、ねえ。いさぎよい、さっぱりしている、包容力がある。そういうことなんでしょうか? いまの時代、セコセコしちゃって、なかなか寛容になれないし、ものごとを長い目で見ることもできないから、いさぎよさなんかを感じる行動が、余計にもてはやされるのかもしれない。

 でも男って、「女々しさの塊」だと、私は思うのね。向上心がとても強くて、プライドにとらわれて、守りの姿勢や、びびりが強い生き物、それが男でしょう。すぐにびびってしまうから臆病に、いじいじと迷わざるを得ない。

 逆に、男より女の方が、精神的にも体力的にも生き物としては断然強いと私は信じています。決断力とか、ものごとを押し切る強さとか、女の方が絶対にあります。

 女はそれを本能的に知っていて、男の方がえらいのよ、お父さんは立派よ、って、男の人をおだててきた。おだてられたり、フェロモンに刺激されたりして、男は「頑張ろう」「働こう」「家族を守ろう」と動いてきたわけ。

 最近は、女性が本来の強さや賢…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら