[PR]

 今春卒業した就職希望の大学生のうち、就職した人の割合を示す就職率(4月1日現在)は96・7%(前年比2・3ポイント増)で、4年連続で改善した。19日、文部科学省と厚生労働省が発表した。リーマン・ショックの影響が表れる前の2008年3月卒(96・9%)とほぼ同水準まで回復した。

 近畿地方は97・1%(前年比3・3ポイント増)、九州地方は94・7%(同3・9ポイント増)で、ともに調査を始めた1996年度以降で最高だった。中部地方と中国・四国地方も97・3%と高水準。文科省の担当者は「景気回復の影響が地方にも及んでいる」とみる。

 調査は大学や専門学校などの6250人を抽出して実施した。大学生のうち就職を希望したのは過去最高の72・7%(同1・2ポイント増)だった。大卒者数から推計すると就職希望は41万700人で、そのうち39万7100人が就職した計算になる。

 男子の就職率は96・5%(同…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも