[PR]

 各車輪の中に駆動源をつける「インホイールモーター」方式の電気自動車(EV)について、東京大などの研究グループは、車体に積んだ電源から電力を無線で伝えて走らせることに世界で初めて成功した、と発表した。

 インホイールモーター方式は、駆動源が一つのふつうの自動車と違い、駆動力を各車輪に伝えるドライブシャフトが要らないため、車体の軽量化と消費電力の削減がはかれる技術だ。車輪ごとに駆動力を制御して、スリップの防止などもきめ細かくできる。だが、これまでは電気ケーブルを通じてモーターに電力を供給していたため、配線の煩雑化や断線が実用化への課題だった。

 研究グループでは、10センチ離れたコイル間で電力を伝送し、最大約3キロワットでモーターを稼働させることに成功。制御情報をブルートゥースによる無線通信で送受信することで、EVの走行を実現させた。後輪駆動の試作車では、理論上、最大で時速75キロの速さで走ることもできるという。

 東京大の藤本博志准教授は「路面に埋め込んだ地上コイルからモーターに給電しながら走行するEVも実現できる。燃料電池車や産業機械への応用も可能だ」としている。(山崎啓介)

こんなニュースも