[PR]

(19日、大相撲夏場所10日目)

 東の花道。汗が噴き出す大きな体を揺らしながら、臥牙丸が「ウォー」っと叫んで喜びを爆発させた。

 勝利の伏線は、前日、玉鷲が日馬富士を破った一戦にあった。その夜、師匠の木瀬親方(元幕内肥後ノ海)から電話があったという。「お前も右の脇を締めていけば勝てるかもしれないぞ」。先場所は同郷ジョージア(グルジア)の栃ノ心、そして今場所も玉鷲が初金星を挙げた。「次はオレも」と気持ちが乗り、午前3時まで寝付けなかった。

 師匠の助言通り、右脇を締めて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも