[PR]

 今秋から鳥取砂丘で初開催すると、鳥取市が発表したイベント「鳥取砂丘光のアートフェア2015」。その目玉企画の高さ7千メートルに達する光のタワーに対し、生態系や星空観察への影響を懸念する声や、計画の見直しを求める意見が寄せられている。市は専門家に聴くなどして、高さなどを決め、計画を具体化させていくという。

 現時点の計画では、イベント期間は10月31日から年明けの1月3日。時間は午後5~9時。光のタワーは、砂の美術館展望広場に設置する大型投光器19基から砂丘上空の夜空に描く。

 この計画を深沢義彦市長が15日に発表したところ、市に県内外から電話やメールなどが相次いだ。25日現在で48件。「環境省の光害対策ガイドラインに沿っているか」「生態系へ影響があるのではないか」といった内容で、星空観察への影響を心配する声もあったという。

 光害を研究する越智信彰・東洋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら