[PR]

 日本動物園水族館協会(JAZA)が会員に対して追い込み漁で捕獲された和歌山県太地町(たいじちょう)産のイルカの入手を禁止する決定を下したことを受け、世界動物園水族館協会(WAZA、本部スイス)は20日、「満足している」とする声明を出した。

 WAZAは先月下旬、イルカ追い込み漁による捕獲がWAZAの倫理と動物福祉の規定に違反するとして、JAZAの会員資格を一時停止した。

 声明によると、WAZAは10年以上前からイルカ追い込み漁を問題視し、JAZAに対して、入手中止を呼びかけていた。WAZAは今後、JAZAの決定を確認するため、詳細な説明を求める方針という。(松尾一郎)