[PR]

 教育を通じた日中交流を進める民間団体「国際交流研究所」のアンケートは全部で6問あり、回答した約1万2千人の中国人学生から多くの意見が寄せられました。その一部を掲載します。

日本に親しみを感じますか?

①「初めて日本のことを知ったのは小さい頃の中日戦争に関するドラマだった。その時、日本に対して、いい印象が残らなかった。でも、日本語を勉強して、日本のいいところも知った。例えば、日本人の清潔感、ゴミ分別、物の回収・再利用など」(西安外国語大学・女子)

②「私は子供の時から、日本人は敵だという思想を注ぎ込まれた。日本語を勉強してから、日本が好きになってきた」(大連海事大学・女子)

③「『抗日戦争』のドラマを見たり、テレビ、新聞、教科書などで侵略戦争のことを知ったりして、日本は傲慢(ごうまん)で残酷な国だと思った。しかし、日本語を勉強するにつれ、日本と日本人のことがわかるようになり、だんだん日本が好きになってきた」(河南大学・女子)

④「日本語を勉強しているおかげで、どんどん日本文化、日本の生活などを理解できた。確かに、歴史問題は存在するが、政治を別にすれば、日本のことが好きだ」(ハルビン商業大学・女子)

⑤「子供の時、日本のアニメをたくさんを見た。その時の日本に対する最初の印象で、日本語を専門にした。日本の文学や文化もだんだん深く理解してきた。ほかの外国と比べると、親しみを感じる」(武漢大学・女子)

⑥「特に日本の漫画やドラマが好きで、日本語を勉強した。漫画などにでてくる日本人の考え方にも興味があります。もっと日本を知りたい」(西安外国語大学・女子)

⑦「小さい頃から日本のアニメが大好きで、大学も日本語を選んだ。アニメで日本の文化や歴史などを知って、とても深い興味がわいてきた」(ハルビン遠東理工学院・女子)

⑧「高校1年生の時、日本のアニメを見て好きになり、大学で日本語を選んだ。日本は多くの面で私たちが学ぶ価値がある。環境とか、ごみの分類など」(山東青年政治学院・女子)

⑨「アニメの中にいろいろ意味深いことが含まれている。人間への認識、社会への認識、環境問題など、ずいぶん勉強になった」(遼寧師範大学・女子)

⑩「日本の文化に興味を持っている。華道や歌舞伎、いろいろなことを知りたい。また、日本料理はとてもおいしい」(広東省旅遊職業技術学校・女子)

⑪「日本の一部の文化がとてもきれいだ。特に剣道や茶道、華道が好きだ」(中国海洋大学・女子)

⑫「日本語を勉強して、日本文化に興味を持つようになった。日本と中国は同じアジア文化圏で、茶道や華道などの文化や漢字などに特に親しみを感じる」(東華大学・女子)

⑬「日本の文化、例えば、茶道とか和服とか相撲などに興味がある。日本語を勉強しているうちに、『日本』という国をさまざまな面から見ることができた」(大連大学・女子)

⑭「好きな作家は芥川龍之介、夏目漱石、森鷗外など。日本の歴史物語や和歌も好きだ。素晴らしいと思う」(上海師範大学・女子)

⑮「日本は先進国で、教育システム、科学技術、厚生施設など、世界の先頭に立っている。日本人の自然環境に対する畏敬(いけい)の気持ち、国民を尊重することなど、学ぶことが多い」(西安外国語大学・女子)

⑯「日本へ行った時、自分が思っていた日本と全然違っていた。町はきれいだし、日本人はやさしくて、学ぶことがたくさんあった」(四川外国語大学・女子)

⑰「環境がきれい、交通が便利、医療制度が完全、社会秩序がいい」(山東青年政治学院・女子)

⑱「日本は豊かできれいで、環境も治安もよくて、いい国だと思う」(凱里学院・女子)

⑲「海に取り囲まれている日本は本当にきれいな国だと思う。日本料理はおいしい。日本へ行って食べたい。その前に、日本語を一生懸命勉強しなければならない」(安陽師範学院・男子)

⑳「日本は隣国で、中日両国は2千年以上にわたって友好的な関係を保ってきた。文化的な共通点も多い」(中州大学・女子)

(21)「日本語を勉強するにつれ、日本に親しみを感じるようになったが、日本がひどい侵略戦争を起こしたことは事実なので、複雑だ」(温州医科大学・女子)

(22)「日本は美しい国で、治安・経済・教育などもいい。この面はプラスイメージだが、政治面で、日本政府の要人が靖国神社に参拝し、中国人を傷つけている」(武漢大学・女子)

(23)「私は日本に行った経験がある。『町もきれいだし、空気も新鮮だ』と思った。日本の風土が好きだ。でも、戦争の傷痕がまだ癒えないのに、首相が何度も靖国神社を参拝したことが不快だ」(東華大学・女子)

(24)「日本のことを勉強しているうちに、以前に比べて、日本に親しくなった。しかし、歴史問題で、理解できないところがある」(河南師範大学・女子)

(25)「私は日本語を勉強しているから親しみを感じるが、家族は日本を憎んでいるから、多少とも、その影響を受けている」(西北師範大学・女子)

(26)「南京大虐殺という歴史的事実があるのに、侵略戦争の歴史を歪曲(わいきょく)し、中国国民の感情を傷つけている」(山東青年政治学院・女子)

(27)「小さい頃から、日本に関するイメージがあまりよくない。抗日戦争で日本軍は南京大虐殺事件を起こした事実が一因だ。しかも、現在の日本政府はその事実を認めようともしない。中国人としてどうしても許せない」(西南交通大学・女子)

(28)「中日戦争は、私たち中国人の心に深い傷と悪い影響をもたらした。なぜ、日本軍は罪のない中国人を大量に虐殺するという残忍なことをしたのか」(河南科技大学・女子)

(29)「日本政府は侵略の歴史を正視しない。侵略戦争の事実を歪曲(わいきょく)するから。子供でも知っていることに日本はまともに目を向けない。釣魚島(日本名・尖閣諸島)は中国の領土だ」(河南大学・女子)

(30)「南京大虐殺の否認は中国人の神経を刺激し続けてきた」(南京大学・女子)

こんなニュースも