[PR]

 代助の方では、もういうべき事をいい尽くしたような気がした。少なくとも、これより進んで、梅子に自分を説明しようという考えはまるでなかった。梅子は語るべき事、聞くべき事を沢山持っていた。ただそれが咄嗟(とっさ)の間(あいだ)に、前の問答に繫(つな)がり好く、口へ出て来なかったのである。

 「貴方の知らない間(ま)に、縁談がどれほど進んだのか、私(わたし)にも能(よ)く分らないけれど、誰にしたって、貴方が、そう的確(きっぱり)御断りなさろうとは思い掛けないんですもの」と梅子は漸(ようや)くにしていった。

 「何故(なぜ)です」と代助は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも