[PR]

(23日、大相撲夏場所14日目)

 派手に転がった白鵬の背中に、砂がべっとりついた。勝った稀勢の里は土俵下へ落ちていった。白鵬有利の展開を一変させた逆転劇に、座布団が乱れ飛んだ。

 この1年の対戦は稀勢の里から見て1勝5敗。思い通りにさせてくれない横綱に、この日も攻め立てられた。左を差され、押し込まれた。あらがうことができず、土俵際まで追い詰められる。しかし、無我夢中で体を回転させ、繰り出した突き落としが決まった。

 「勝ったのは分かりました。で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも