[PR]

 フランスで開催中の第68回カンヌ国際映画祭で23日(日本時間24日)、「ある視点」部門の授賞式が開かれ、参加19作品の中から「岸辺の旅」の黒沢清監督(59)が最優秀監督賞に選ばれた。黒沢監督は2008年の「ある視点」部門でも、「トウキョウソナタ」が第2席に当たる審査員賞を受けている。

 登壇した黒沢監督は「地味でささやかな作品に審査員が輝きを発見してくれました。こういうことが起こるのがカンヌ映画祭だと思います」とあいさつして満場の拍手を浴びた。

 「岸辺の旅」は湯本香樹実の小説が原作の日仏合作映画。亡くなった夫(浅野忠信)が妻(深津絵里)の眼前に現れ、夫婦2人で日本各地を旅しながら、行く先の人々と交流する。伴侶を突然失った虚脱感から立ち直っていく過程を映像美と豊かな叙情で描いた作品だ。日本では10月に公開される。

 黒沢監督は1955年、兵庫県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも