【動画】北海道新幹線のH5系が初めて新青森駅に乗り入れた=上月英興撮影
[PR]

 2016年3月に開業する北海道新幹線の「H5系」車両が24日午前3時20分、試験走行で初めて新青森駅(青森市)に乗り入れた。これで新函館北斗(北海道北斗市)―新青森の全線をH5系車両が走行したことになる。

 この日、午前1時21分に奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)を出発し、新青森駅までの38・5キロを、最高速度45キロで慎重に走行した。新青森駅で30分間停車し、青森市内の車両基地へ向かった。

 新青森駅では、鹿内博青森市長や、津軽海峡のマグロをモチーフにしたゆるキャラ「マギュロウ」らが出迎えた。鹿内市長は「歴史的な日だ」と喜んだ。

 H5系車両による試験走行は昨年12月から新函館北斗―奥津軽いまべつ間で行われており、同月7日には初めて青函トンネルを抜けて本州入り。4月21日からは奥津軽いまべつ以南での試験走行を開始していた。今後は全線を通した試験が行われる。