[PR]

 家電量販最大手のヤマダ電機は、全国約1千の直営店のうち46店を5月末までに閉店する。改装して業態を変える店もあるが、4~5月の2カ月間で、地方や郊外にある不採算店を中心に一斉に閉鎖する。これまでの拡大路線を転換し、東京・八重洲など都市部の大型店や免税専門店といった収益力の高い店づくりに注力する。

 閉店するのは、テックランドNew江東潮見店(東京都江東区)、同名古屋南丹後通り店(名古屋市)、同枚方店(大阪府枚方市)、同新南陽店(山口県周南市)など。従業員は近くの店などで継続して雇用する。

 いっぽう、2015年度は新たに15店を出店する計画だ。JR東京駅前に都市型の店舗を年内につくるほか、アウトレットや訪日外国人のニーズが高い免税専門店などへの業態転換を進め、収益力を高めたい考えだ。

 ヤマダはこれまで積極的な新規出店戦略で、店舗を全都道府県に広げてきた。売上高は11年3月期に2兆1532億円に達したが、15年3月期は1兆6643億円と大きく減らした。今月には、ソフトバンクとの資本・業務提携を発表。調達した資金を店舗の改修や改装にあてるほか、情報通信技術を生かして太陽光発電や蓄電の機能を売りにしたスマートハウス事業にも乗り出す方針だ。(岡林佐和)

ヤマダ電機の主な閉鎖店舗(4~5月)

 稚内店(北海道稚内市)、中標津店(北海道中標津町)、鶴岡店(山形県鶴岡市)、栗原築館店(宮城県栗原市)、つくばみらい店(茨城県つくばみらい市)、神栖店(茨城県神栖市)、LABI水戸(水戸市)、蓮田店(埼玉県蓮田市)、New江東潮見店(東京都江東区)、名古屋南丹後通り店、枚方店(大阪府枚方市)、熊野店(広島県熊野町)、新南陽店(山口県周南市)、さぬき長尾店(香川県さぬき市)

 ※LABI水戸以外は、テックランド