大内義昭さん(おおうち・よしあき=歌手、音楽プロデューサー)が22日、食道がんで死去、55歳。葬儀は近親者で行った。

 北九州市八幡西区出身。87年、作曲家として小比類巻かほるさんの「Hold On Me」をヒットさせた。歌手としても94年、藤谷美和子さんとのデュエット「愛が生まれた日」がミリオンセラーになった。同市を拠点に若手の歌手の指導にもあたり、サッカーJ2ギラヴァンツ北九州の応援歌も手がけた。昨年から、食道がんを患っていた。